2011.7.19 第10回 ◯◯をたっぷり語ろうスペシャル

◯◯に入るべきは「ケータイ小説というメディア」だったり「カズヤ/タツヤ」だったり「自己中心性という残虐性」だったり「リアリティと世界の隔絶」だったり「レンアイ小説というホラー」だったり「愛情表現のベクトルとスカラー」だったり「読みたい恋愛小説」だったりと様々あり得るでしょうが、ともかく今回は第10回の節目にこんな特別企画にトライしてみました。ホンタナ全放送を通じて止むことなく言及されてきたかのベストセラー小説に送るタナカ・ナリタなりのみそぎ企画です。

第9回 関連書籍

併せてどうぞ!

「天地明察」沖方 丁
江戸時代、日本独自の暦をつくるという大事業に生涯をかけて挑んだ男がいた!囲碁棋士であり天文歴学者でもある渋川春海の人生を、囲碁と和算の好敵手たちとの触れあいを交えながら生き生きと描いた名著。不勉強でしたが、実在する人の物語だと後で知ってびっくりしました。「はやぶさ」のミッションにも通じる宇宙ロマン、そして和算という日本独自の数学の面白さにも触れられます。数々の賞を受賞し、映画化も決定したそうですね。
「はい、こちら国立天文台-星空の電話相談室」長沢 工
年間一万件を超える天文台への問い合わせに、広報普及室はどのように対応しているのか?そもそもどんな質問が寄せられているのか?一般人と専門家の宇宙観の違い、素朴な日常の宇宙現象の謎、宇宙教育のこれから、などなど、電話ごしのやりとりから見えてくるもう一つの「宇宙」。これもひとつのロマンです。

2011.7.12 第9回 「眠れなくなる宇宙のはなし」佐藤勝彦

七月の別名、文月(ふみづき、ふづき)の由来は、「7月7日の七夕に詩歌を献じたり、書物を夜風に曝す風習があるから」だそうです(wikipediaより)。今回はまさにそんな文月にふさわしい、宇宙学への招待本をオススメします。くしくも日本時間7月9日午前0時29分、最後のスペースシャトルとなる「アトランティス」が打ち上げに成功しました。古来より人々を魅了してきた宇宙、その謎を解き明かすこと、いやもっと簡単に「宇宙について想いを馳せること」とは何か。この本では、宇宙と我々との関わりを再認識させてくれる面白話が、シンプルな挿絵と親しみやすい文章で分かりやすく描かれています。梅雨も明けたことですし、夜空を眺める前に読むにはもってこいの一冊です。

2011.7.5 第8回 フィクションとリアリティ ~「となり町戦争」の感想から~

「戦争の理不尽さ」の現代語訳として紹介しました「となり町戦争」。テーマがテーマだけに暗くなった前回でしたが、タナカの解説はナリタに届いたのか?派生して、リアリティを追及する上でフィクションの持つ役割とは何か、はたまた本を読む場所やB級映画についてなど、今回も(?)いろいろな話題に触れていきます。そして意外な事実が明らかに?!

第7回 関連書籍

併せてどうぞ!

「ルール」古処誠二
終戦間際のフィリピン、敗走を続ける日本兵。圧倒的な”死”を前にした時、人はどう生き、どう死ぬのか。戦争が直接的に人の身体と精神を破壊する怖ろしさ、そして人が人として生きることの意義を、ミステリのエッセンスを用いて描いた意欲作。衝撃でした。

2011.6.28 第7回「となり町戦争」三崎亜記

これまでの流れから、「気づき」が読書を楽しくさせる重要な要素であることが何となく分かってきました。そこで今回は、異色の戦争小説「となり町戦争」をオススメしてみようと思います。戦争の持つ痛み、悲しみ、そして理不尽さは、リアルな感覚をともなって想像できない現代人でも「気づく」ことができるのか?読み返したくないと言うタナカ、言葉を失うナリタ、珍しくトーンの低い二人が、今までとちょっと違う視点から読書を楽しむ可能性を探っていきます。

第6回 関連書籍

併せてどうぞ!

「自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか」岡本太郎
自伝的エッセイについてはあまりぴんとくる物に出会ってこれなかったナリタですが、これは彼の記憶に残る数少ない一冊。これだけ情熱、一貫性とエネルギーで駆け抜けるようなスピード感で一冊書ききってしまう筆力に驚いたのを覚えています。底に書かれた言葉はどれも正直であるがゆえに厳しい物ばかりで、兜の緒を無理矢理グイグイ締め直される思いがします。特に印象に残っているのは以下の部分ですかね。

ぼくは“幸福反対論者”だ。幸福というのは、自分に辛いことや心配なことが何もなくて、ぬくぬくと、安全な状態をいうんだ。(中略)
 たとえ、自分自身の家がうまくいって、家族全員が健康に恵まれて、とても幸せだと思っていても、一軒置いた隣の家では血を流すような苦しみを味わっているかもしれない。(中略)
 ニブイ人間だけが「しあわせ」なんだ。ぼくは幸福という言葉は大嫌いだ。ぼくはその代わりに“歓喜”という言葉を使う。
 危険なこと、辛いこと、つまり死と対面し対決するとき、人間は燃えあがる。それは生きがいであり、そのときわきおこるのがしあわせでなくて“歓喜”なんだ。

なお、ナリタがこの著書を知るきっかけになったのはブログ「凹レンズ〜まとまりのない日記〜」このエントリでした。

2011.6.21 第6回 本棚に置きたい本 ~「パーマネント野ばら」の感想から~ vol.6

ナリタ大絶賛!素朴ながらも圧倒的なメッセージをもつ前回の二冊を、想像力の欠如と限界、負のループからの脱却なとからめて、あらためてその「凄さ」について語りつくします。そしてiPadユーザのナリタが「本棚に置きた」くなった理由とは?電子書籍にはない、本と本棚の持つ魅力についても話はおよびます。

第5回 関連書籍

併せてどうぞ!

「マンガの描き方ー似顔絵から長編まで」手塚治虫
言わずと知れた巨匠による親しみやすいマンガ手ほどき書。「マンガとは「省略」と「強調」である」、という簡潔にして含蓄のある言葉は、以来ナリタがマンガというメディア表現の可能性に想いを馳せる際に幾度となくリフレインしています。

2011.6.14 第5回「パーマネント野ばら」西原理恵子

「ホンタナ」で紹介する本は小説だけではありません。今回は鬼才・サイバラの個性的な作品群の中から、恋愛群像劇「パーマネント野ばら」を紹介します。恋愛モノはほとんど読んできていないタナカをもってしてもオススメしたくなる、恋のもつ怖ろしさと素晴らしさが詰め込まれた作品に対して、ナリタの反応やいかに?そしてさらに物語を楽しむサブ読本として、自伝的人生指南書「この世でいちばん大事な『カネ』の話」についても触れています。

第4回 関連書籍

併せてどうぞ!

「もだえ苦しむ活字中毒者地獄の味噌蔵」椎名誠
活字中毒者を味噌蔵に閉じ込め、禁断症状に苦しませるという復讐劇が同名のタイトルで第一章に収められています。著者自身も重度の活字中毒者であるだけに、おかしくも悲しい本好きの性(さが)が妙な迫力をもって描かれます。他の章は雑誌評などのコラム集になっています。

「ミステリーの書き方」アメリカ探偵作家クラブ
豪華ミステリ作家陣へのインタビューを元に、なぜ、なにを、どうやって書くのかを、多角的かつ簡潔にまとめたガイド本。ミステリに限らず、小説を書くこと、読むことの意義を様々な実例をあげて提示してくれます。

わたしたち作家は書きたいから書くのである。書けば書くほど人間が見えてきて、他人にも自分にも正直になり、優しくなる (「はじめに」より)」

2011.6.7 第4回 読書に求める要素あれこれ 〜「楽園」の感想から〜 vol.4

鈴木光司「楽園」の読書感想を皮切りに、「読書に何を求めるか」という疑問からふたりの話は様々なトピックに及びます。物語を読むことにどのような「気づき/breakthrough」を求めるのか、長編小説は大小の枝葉を配置できる(右往左往できる)自由をもって何をなすのか、理想の物語とはどういったものであるはずか、活字中毒の「目ごし」感、論文ですらひとつの文学でありうるということ、表現形式・スタイルによる制約とそこに見る消極的自由、繰り返し読みたくなる本の魅力、紙の本と電子書籍、などなど。70分にも及ぶ長大な回ですが、あえて無編集でお送りします。

第3回(後編)関連書籍

併せてどうぞ!

「リング」鈴木光司
言わずと知れた日本ホラーの金字塔。小説版はめずらしく挿絵の入っているバージョンもあって、いい具合に想像力を刺激してくれます。映画版は、中谷美紀はもちろん(笑)、冒頭の若かりし竹内結子にも注目ですね。ストーリーはもう皆さんだいたいご存じと思いますので割愛。

「火の鳥」手塚治虫
巨匠不朽のライフワーク。この作品を語るべき言葉を僕は持っていません。読んでください。

2011.5.31 第3回(後編)「楽園」鈴木光司 vol.3-2

お待たせしました!後編では鈴木光司のデビュー作、「楽園」を取り上げます。代表作「リング」を含む強烈なメッセージ性を持つ作品がなぜ描かれるのか?原点となる本作から鈴木光司の持つ価値観、生き様に(やや引きながらも)迫ります。

第3回(前編)関連書籍

併せてどうぞ!↓

「シベリア追跡」椎名誠:
旧ソ連に日本人の足跡を追う!時代、思想、人種の違いに翻弄される先に、怪しいテレビクルーとシーナ氏が見た真実とは。壮大なスケールで描かれる椎名紀行文の傑作。

「生物と無生物のあいだ」福岡伸一
生命とは何か?人類史上最大級の「科学ミステリ」の魅力、そして稀代の科学者たちの名推理が光る、知的興奮必至の一冊。もっと早くこの本と出会ってたらなあ!

「バガボンド」井上雄彦
宮本武蔵と佐々木小次郎の他にも、味のある人間がもりだくさん。個人的には猪谷巨雲が好きです。新刊まだかな・・・。

2011.5.24 第3回(前編) 紀行文の魅力とは -「パタゴニア」の感想から- vol.3-1

第3回は前編・後編の二本立てでお送りします。まずは前回の「パタゴニア」を読んだナリタの感想から。めったに旅行しないナリタと旅行大好きタナカの紀行文談義は平行線をたどると思われたが・・・?長編小説と短編小説の楽しみ方にも話はおよびます。
このエピソードを聴く

2011.5.17 第2回「パタゴニア あるいは風とタンポポの物語り」椎名誠 vol.2

さっそく第1回に取り上げた「眼球綺譚」を読んだナリタの感想から第2回は始まります。はたしてタナカの解説は的を得ていたのか?!そして椎名誠の異色紀行文「パタゴニア」。作家人生を変えた旅で気づいた愛とは、自由とは何か、29分頃から紹介していきます。
このエピソードを聴く

       併せてどうぞ!→ 

次回のポッドキャストは2011.5.24に配信予定。ナリタの「パタゴニア」の感想から始まり、話題は椎名誠という作家についてや紀行文の読み方、長編・短編という形式の特徴などに及びます。

2011.5.10 「眼球綺譚」綾辻行人 vol.1

栄えある第1回で紹介する作品は綾辻行人の怪奇譚短編集「眼球綺譚」。ミステリ作家・ホラー作家綾辻の作品の魅力に迫ります。
   併せてどうぞ!→ 
                「猿の手」の話は宮部みゆきの贈る物語に含まれています。