2019.3.12 「人質の朗読会」小川洋子

今回はなんと!リスナーからのリクエストにお応えしての共同感想回をお届けします!!ご紹介いただきましたのは小川洋子「人質の朗読会」。人質として集められた八人の人々が、先の見えない時間の中で語ったそれぞれの物語。人は誰にも物語があるということ、そして生きていることの儚さと妖しさを描く著者の真骨頂が、ここにあります。タナカナリタの感想やいかに?!

10:27〜 ナリタの感想
22:59〜 タナカの感想
このエピソードを聴く

2017.6.20 旅の終わりは突然に 〜「アンネ・フランクの記憶」の感想から〜

作家・小川洋子の旅路を通じてナリタは自身の「物語力の無さ」を痛感します。日記からその人を想像するように、街角からそこに暮らす人々の姿を想い描くことが旅の醍醐味なのでしょうか。さらにその著者さえ、旅を通じて変わらない自分に気づいており、旅好きなタナカは自身の価値観にゆらぎを感じます。ある少女の日記とその理解者の旅路は、今なお人の心を動かし続けています。

12:03〜 ホンテナンス「Count per dayを導入しました」
21:05〜 感想回
このエピソードを聴く

2017.6.13「アンネ・フランクの記憶」小川洋子

作家・小川洋子の原点とも言える作品を紹介します。「アンネの日記」から溢れ出る、一人の少女の思いと眼差しに感化された作者は、「書くこと」によって生きる道を見出しました。そのアンネの足跡を辿り、当時を知る人々と語らった内容が描かれる本作。異形とも言える独特の世界と死生観を持つ小川作品の、源流が垣間見える小川ファン必読の書です。
16:14〜 私も投稿してみました「ショートショートショート(爆笑問題カーボーイ)」
28:58〜 紹介回
このエピソードを聴く