2019.6.18 手を差し伸べる感性 〜「海街diary」の感想から〜

ついに完結した海街物語に感心しきりのナリタ。老若男女、人生色々ありまして、人と人とが優しさで繋がれることがいかに奇跡であるかということを考えさせられます。その優しさを活かせるタイミングが一期一会であること、それを逃さずに行動できる人はそうでない人と何が違うのか。一つの作品の完結を噛みしめるタナカとナリタですが、実は結構大変なことをやらかしてしまいました!

16:05〜 アレな作品「レンタネコ」
25:53〜 感想回
このエピソードを聴く

2019.6.4 「海街diary 9 行ってくる」吉田秋生

ついに完結!あの鎌倉を舞台にした名作がついに最終回を迎えてしまいました…!すでにホンタナで映画版は紹介済みですが、映画版からさらに先の展開も踏まえてなお、やはり紹介させてほしいっ!主人公を取り巻く人々は、声に出せない辛い想いを抱えながらも人生を前へ前へと進めています。しかしながら、いい人たちのいい物語だけではない、番外編「通り雨の後に」を読んだ後にこそ、この物語の醍醐味があるとタナカは感じたのです。そうなのです。

11:12〜 古典コテン「最後の一枚の葉」O. ヘンリー
25:38〜 紹介回
このエピソードを聴く