2019.6.4 「海街diary 9 行ってくる」吉田秋生

ついに完結!あの鎌倉を舞台にした名作がついに最終回を迎えてしまいました…!すでにホンタナで映画版は紹介済みですが、映画版からさらに先の展開も踏まえてなお、やはり紹介させてほしいっ!主人公を取り巻く人々は、声に出せない辛い想いを抱えながらも人生を前へ前へと進めています。しかしながら、いい人たちのいい物語だけではない、番外編「通り雨の後に」を読んだ後にこそ、この物語の醍醐味があるとタナカは感じたのです。そうなのです。

11:12〜 古典コテン「最後の一枚の葉」O. ヘンリー
25:38〜 紹介回
このエピソードを聴く

2019.4.23 「おとなの進路教室。」山田ズーニー

新年度、新入社員、新元号と、やたらと新しいものがはびこる季節、そう春!春なのです。新しいものあれば古いものあり、来る者去る者、栄枯盛衰諸行無常。ということで(?)今回は進路についての本を紹介します。学生に限らず、社会人になっても悩まされる進路。特に新しい生活が始まる春には心も身体も右往左往しがちです。「特効薬ではない」からこその発見が得られる本作で、進路をもう一度見つめ直すのはいかがでしょうか。

9:23〜 ホンタナBiz「ほんとうにいいの?デジタル教科書」新井紀子
25:46〜 紹介回
このエピソードを聴く

2019.3.26 「特捜部Q 檻の中の女(映画)」ミケル・ノガール

久しぶりにミステリものを紹介します!その頑固さ故に上司にも部下にも愛想を尽かされる刑事カール。彼が配属された新しい部署は未解決事件を取り扱う「特捜部Q」だったー。まるでケイゾクや相棒のような設定ですが、デンマーク原作ならではの多国籍な展開や美しくも奇妙な作品感は、すっかりご無沙汰のタナカのミステリ心に雪解けをもたらします。これは続編も期待したい!!

8:20〜 古典コテン「言葉のお守り的使用法について」鶴見俊輔
24:33〜 紹介回
このエピソードを聴く

2019.2.5 「忍術・手品のひみつ」今橋さとし

あの「学研まんが・ひみつシリーズ」が帰ってきた!!数十年の時を超えて電子書籍として復刊した作品の中でも、特にお気に入りだった本作にタナカは興奮が止まりません!!!忍者に憧れる小学生タケシと忍者を調査しにやってきた”うちゅう人”ペコポン、そして少年忍者サスケや忍者犬のチンボツ丸と巡る忍術と手品のめくるめく世界は、今なお新しい発見と驚きを読者に与えてくれる、まさに不朽の名作です。「かすがい」とか「風上の探し方」とかこれで知ったんだ!ああもうページをめくる手が止まらない!!

このエピソードを聴く

2019.1.22 「理不尽な進化:遺伝子と運のあいだ」吉川浩満

2019年一発目は、タナカのブックオブザイヤー2018作品を紹介いたします。進化、というロマンの魅力は、子供から大人までとどまることを知りません。しかしながら、我々は本当の進化、自然科学としての進化をどこまで知っているのでしょうか。生命が辿ってきた茫漠とした絶滅の歴史を俯瞰したり、進化論争を分析したりと、軽妙な筆致に知的興奮が止まらなくなる本書。やっぱり、進化は面白い!!

8:49〜 わたしも出演してみました「東海Book Café」
20:57〜 紹介回

このエピソードを聴く

2018.11.27 「オーロラの彼方へ」グレゴリー・ホブレット

冬も近づきオーロラが見たくなってきたので、今回はオーロラにまつわる映画をご紹介します。ニューヨークで珍しくオーロラが観測されている頃、主人公は父の遺品のアマチュア無線機を取り出し通信を始めます。そして繋がった相手がなんと三十年前の父親その人と気づいた主人公は、父の死をなんとか回避すべく奮闘しますが、タイムパラドックスの影響が現在の主人公にも現れ始め…。神秘的なオーロラとアナログの無線が織りなす父と息子の会話は、まさに時を超えた絆を感じさせます。サスペンス展開もあり目が離せません!

22:00〜 雑誌んぐ「別冊TVBros. 丸々一冊TBSラジオ」
35:33〜 紹介回
このエピソードを聴く

2018.10.16 「火星の人」アンディ・ウィアー

今回は映画化もされたSF小説を紹介します。アクシデントによって火星にたった一人取り残されたマーク・ワトニー。わずかに残された可能性に賭け、彼は一つずつ生存への対策を講じていきます。地球では彼の救出に向けて総力を結集させて新たな救出ミッションを実施しますが…。派手なアクションは少ないですが、問題を解決するための論理的な思考、そして実験を駆使するストーリーはまさにSFの真骨頂。映画もオススメです!

13:45〜 ホンタナ的ライフハック「捨てる!技術」辰巳渚
27:45〜 紹介回
このエピソードを聴く

2018.10.2 なるほど・ザ・シーナワールド 〜「本人に訊く」の感想から〜

おっさん二人のとりとめもない話が78作品ぶん収録されている本作に閉口するナリタ。とはいえ、読者のことをほとんど考慮しない背景や比喩を取り込みながら強引に進む話しっぷりは、まさにシーナワールドらしさであると気づきます。シーナファン以外には確かに読むのは大変だったことでしょうなあ。まあホンタナもおっさん二人のとりとめもない話なんですが…。タナカ的にコーナーの紹介本は北欧に共感する方に特にオススメしたいです。

26:15〜 ホンタナ的ライフハック 「フィンランドの幸せメソッドSISU(シス)」カトヤ・パンツァル著、柳澤はるか訳
40:47〜 感想回
このエピソードを聴く

2018.9.18 「本人に訊く」椎名誠・目黒考二

今年の椎名本は、なんと著者本人への全著作インタビュー!しかもインタビュアーは書評家北上次郎としても知られる目黒考二!というなんとも贅沢極まりない一冊です。「さらば国分寺書店のオババ」から始まるスーパーエッセイ、「アド・バード」を代表とするシーナワールドSF、そして「岳物語」をはじめとする家族の物語などなど、著者自身も忘れている当時のことや裏話が旧知の友人との会話でこれでもかと掘り出されます。椎名ファン必見のシリーズ第一巻をお楽しみください。

13:33〜 ホンタナ的ライフハック「超一流になるのは才能か努力か」アンダース・エリクソン
33:10〜 紹介回
このエピソードを聴く

2017.8.21「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」ロジャー・スポティスウッド

今回は実話を元にした、猫映画をご紹介します。薬物依存症に苦しむ主人公のジェームズの元に、ひょんなことから舞い込んだ猫のボブ。奇妙な共同生活を続けるうちにジェームズの生活は少しずつ改善されていきますが…。飼い主のことを気にしているのかしていないのか、我関せずとふるまう自由さが猫らしさ。猫派タナカの想いは犬派ナリタに届くのか?!

21:33〜 古典コテン「漫画 君たちはどう生きるか」吉野源三郎(著)羽賀翔一(イラスト)
39:12〜 紹介回
このエピソードを聴く

2018.6.26 「星野道夫と見た風景」星野道夫・星野直子

今年はホンタナ的には星野道夫イヤーかもしれません。数々の写真と文章を残してきた星野道夫を、ずっと近くで見てきた妻、直子さんによる写文集を紹介します。アラスカの自然を愛した道夫さんは、同時に妻を、子供を、そして人を愛する人であったということが静かに深く感じられる本作。数多くある道夫さんの著作・写真集のガイドブックとしても最適です!

21:38〜 解説の解説「広辞苑を作る人」三浦しをん(非売品)
34:38〜 紹介回
このエピソードを聴く

2018.6.5 「日の名残り」カズオ・イシグロ

久しぶりの小説紹介!今回はなんとノーベル文学賞作家の作品を紹介してしまいます。舞台はイギリス、イギリスと言えば執事、ということで(?)、物語は主人公の執事スティーブンスの現在と回想とを交えながら淡々と進みます。かつての主人、ダーリントン卿に仕えた数々の輝かしい日々、そして主人の為に共に奔走した女中頭のミス・ケントンとのやりとり…過去と現在とを行き来するの物語の果てにスティーブンスが見た景色とは何か。HELLSINGのウォルターさんもそうですが、執事というものは切ない職業なのですね。

24:01〜 ホンタナBiz「お金に困らない人生を送るためのマネープラン入門」竹川美奈子
37:33〜 紹介回
このエピソードを聴く

2018.5.1 「青春18きっぷポスター紀行」込山富秀

ゴールデンウィークを旅行に行かれる方も多いのではないでしょうか。予定はないけど旅情は感じてみたい!という方にオススメの一冊を紹介いたします。電車ユーザであれば一度は聞いたことがある「青春18きっぷ」。その販促のためのポスターはなんとも味があっていいものですが、その歴史と裏話を一気に知ることができる贅沢な一冊です。さあ「あの頃の青を探し」に行ってみませんか?!

13:03〜 私も投稿してみました「ハライチのターン」
32:30〜 紹介回
このエピソードを聴く

2018.4.10 「未来圏からの風」池澤夏樹

今回は池澤夏樹による紀行文かつインタビュー集をご紹介します。ヒマラヤ、アラスカ、ニューイングランドといった世界各地を歩きながら考え、人と語らいながら想ったことを綴った本作。その土地に向かう道で、対話の中で、著者の中に流れる問いと答えがありのままに描写されるのはなんとも贅沢。新年度でやさぐれるタナカは風を感じることができたのでしょうか?!

12:56〜 ホンタナ的ライフハック「ザ・マインドマップ」トニー・ブザン、バリー・ブザン
28:45〜 紹介回
このエピソードを聴く

2018.3.27 「自分への取材が人生を変える」はあちゅう

新年度が近づいてワクワクしている人も多いかと思います。今回ご紹介するのは夢や目標を叶えるための新習慣「自分への取材」についてのスマート新書。敵を知り己を知れば百選危うからず、とはよく言ったものですが、敵とか夢とか目標とかがなんだか分かりにくくなっている昨今、まずは己を知る工夫をしてみてはいかがでしょうか。本書を読んでタナカは苦手なログをつけるようになってしまいました。

7:33〜 古典コテン「台所のおと」幸田文
24:09〜 紹介回
このエピソードを聴く

2018.3.13 「終電ちゃん」藤本正二

残業、飲み会など、お世話になった方も多いであろう終電!今回ご紹介するのはそんな終電に現れる「終電ちゃん」です。これに乗れないと帰れない」人々の執念が渦巻く終電、そして乗れた後の安心感と押し寄せる倦怠感に満たされる終電ー。乗客、そして運行するスタッフたちが織りなす日々を体現する「終電ちゃん」は、現代の妖怪だとタナカは評します。年度末の歓送迎会などで帰りが遅くなる方々、必読です!新コーナーも出発進行ーう!

14:09〜 新コーナー「ホンタナジングルコンペ」
28:03〜 紹介回
このエピソードを聴く

2018.2.27 「宇宙を目指して海を渡る」小野雅裕

今回はなんとNASAで働かれている日本人著者の作品を紹介します!宇宙に魅せられた一人の少年が夢を追い求めて海を渡る、という半生が描かれる本作。「僕は死ぬのが怖い」「だから僕は夢を追うことを選んだ」という等身大かつ合理的な姿に、タナカは共感と憧れを禁じ得ません。海外で博士過程に進むことの悲喜こもごもも詳細に描かれ、海を渡る指南書としても秀逸!最新作「宇宙に命はあるのか」も絶賛発売中です!

12:44〜 古典コテン「魔術」芥川龍之介
29:52〜 紹介回
このエピソードを聴く

2018.2.13 「マッティは今日も憂鬱」カロリーナ・コルホネン

今回はフィンランドの漫画を紹介します。主人公のマッティは典型的なフィンランド人。彼が遭遇する憂鬱な状況、そして彼が感じる憂鬱さは、どこか日本人の心にも通づるものがあります。ムーミン、サルミアッキ、嫁担ぎ競争、エアギター選手権など、不思議で独自な文化を持つフィンランド。続編「マッティ、旅に出る。」と併せてお楽しみください!

16:50〜 ホンタナ的ライフハック「ストレスフリーの整理術」デビッド・アレン
31:02〜 紹介回
エピソードを聴く

2018.1.30 「旅をする木」星野道夫

大変お待たせしました!今年の一発目は自然写真家、星野道夫のエッセイ集からスタートします。没後二十年特集のテレビ番組「旅をする”本”」をきっかけにタナカはこの本を手にしてみたのですが、もっと早く読んでおきたかった…!と激しく後悔しました。探検家、写真家、研究者など、命を見つめ続ける人々がその最前線に持って行った本作。奇妙な偶然でつながったこの本の旅路は、まさに命のつながりの不思議さを体現しているのかもしれません。

13:01〜 解説の解説 Akeel Bilgrami「Gandhi, the Philosopher」
31:20〜 紹介回
このエピソードを聴く

2017.12.12 「美女と野獣」ビル・コンドン

まさかのディズニー、しかもファンタジー・恋愛色の強い実写化映画を2017年のラストに持ってきました。数あるディズニー映画の中でも、おそらく世の男性陣の興味がかなり低いと思われる本作。しかしタナカは…涙しました!華麗な装飾、流麗な楽曲。それらも確かに大きな魅力ではありますが、野獣に仕える家臣たちの姿は、本当に美しく胸に迫るものがあります。大切な人と、ぜひ一緒に見てほしい作品です。

5:56〜 ホンタナ的ライフハック「プロカウンセラーが教える場面別傾聴術」古宮昇
34:09〜 感想回
このエピソードを聴く