2013.3.5 お化け屋敷的小説 〜「悪の教典」の感想から〜

次から次へと悪事を働く教師を描いた本作。高校という身近な舞台を描き、誰でも分かりやすい展開が”売れた”理由であると感じたナリタ。間口を広げ支持を得ることがミステリとして果たして良いことか否か?設定そのものを楽しむ作品に謎解きの醍醐味を求めることは酷なのか?「俺だったらこうする」と息巻くタナカの反論やいかに!
このエピソードを聴く
15:40- 「私も投稿してみました」踊る!さんま御殿
29:20- 「悪の教典」感想

2013.2.26 「悪の教典」貴志祐介

今回はあえて「このミステリーがすごい!2011年国内部門第一位」、「週刊文春2010年ミステリベスト10国内部門第一位」、「第1回山田風太郎賞」、および「早川書房「ミステリが読みたい!2011年国内総合第2位」受賞作の堂々たる人気小説、貴志祐介の「悪の教典」を取り上げます。映画化までされた受賞歴多数の話題作を取り上げてタナカは何を想うのか。お楽しみください。
このエピソードを聴く
17:39- 「私も投稿してみました」爆笑問題カーボーイ 担当大臣のコーナー
36:47- 「悪の教典」紹介

 

2012.2.19 省略とリアリティ・高校生の恋愛・モデルルームのスリッパ 〜「宙のまにまに」の感想から〜

蒼栄高校天文部を舞台に描かれる「宙のまにまに」のような学園青春コメディにおいて、高校生らの恋愛感情はどのように描かれるべきか(または描かれないべきか)、そこに関わる省略と強調のあるべき姿について思い思いの意見を戦わせるタナカとナリタ。物語のリアリティと感情移入のしやすさはどのような細部描写によって支えられているのか、などのトピックにも話は広がります。お楽しみ下さい。

このエピソードを聴く
27:32〜古典コテン 夏目漱石「夢十夜」
45:01〜「宙のまにまに」感想

2013.1.22 多様性はヒーローを集めにくい 〜「アベンジャーズ」の感想から〜

マーヴェルヒーローズが集結する一大イベント、「アベンジャーズ」のようないわば”お祭り”的映画は日本では成り立たないのであろうか?日本の映画・アニメは世界観が多様化しすぎていて、目的や場をひとつにすることが難しいのではないか、とナリタは分析するが…。コーナーは引き続き「投稿してみました」、今回はタナカも参戦してみました!
このエピソードを聴く
11:00〜 「私も投稿してみました」
29:00〜 「アベンジャーズ」感想回

ちなみに先週ナリタが「安住紳一郎の日曜天国」に採用されてゲットしたノートがこちら↓

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
昨年はリスナーの皆様、そしてゲストに来ていただいた皆様に、大変お世話になりました。
本年も適度に力をいれつつ、しかしいつもの調子でやっていきますので、どうぞよろしくお願い致します。
配信は1月8日(火)より開始いたします。

読み物としてのそよ風 ~「わたしのマトカ」の感想から~

おとなしさの中に、はじけたがる気質が見え隠れするフィンランド人。彼らとのマトカを経て帰国した著者は、日本での生活にも新しい視点を持つようになります。空気が動くことで風を感じられるように、人が動き旅をすることで感じられる”良さ”について語ってみました。最後に告知ありますのでお聴き逃しなく!
このエピソードを聴く

2012.10.2 語り継がれる物語 〜「静かな大地」の感想から〜

親から子、兄から弟、妻から夫、人から人へ向けて語る言葉たちをあつめて描いた宗形一族の叙事詩は、歴史小説にもドキュメントにも区分されない、静かで強いつながりをもつ世界観にあふれていました。アイヌにおける口伝えの文化をあえて言葉で描くという、小説の可能性の広さを感じさせる一作。実際に北海道へ行って感動してきたタナカとナリタが北国満載のトークを繰り広げます。
このエピソードを聴く

2012.9.18 反戦 ~「グッドモーニング・ベトナム」の感想から~

領土問題についていろいろな思想や意見が飛びかっていますが、このタイミングでこの作品が選ばれたのも何かの縁でしょうか。音楽と笑いに乗りつつも、ときに表れる哀しみや隔絶感を見事に演じきったロビン・ウィリアムズを絶賛するナリタ。後にも先にも類を見ない戦争映画について語ってみました。
このエピソードを聴く

夏休みのお知らせ

突然ですが、次週(8/21)と次々週(8/28)は更新をお休みさせていただきます。旅に出るわけでも、ネタ切れなわけでもありませんが、心機一転リフレッシュした声と内容でまた9/4にお耳にかかりたいと思います。

関連書籍

併せてどうぞ!

「王様のレストラン」三谷幸喜

ナリタの人生を大きく左右することになった(?)三谷幸喜随一のコメディドラマ。経営不振に陥った元人気フランス料理店の立て直しに奔走する新オーナーと伝説のギャルソンが次第に不遜な店員たちを感化していく、そんな筋書きのもとに様々な人々の思惑が滑稽に交錯する大変によくできたドラマです。いずれナリタがホンタナで別途「王様のレストラン」を取り上げる時が来るかもしれません。大オススメです。

2012.8.7 滑稽なら面白いわけではない 〜「JUNO/ジュノ」の感想から〜

どうやらこの作品の面白さは、アメリカや日本といった風土の違いだけではない独自の個性によるものだということが分かってきたタナカとナリタ。しかしその先は依然としてナゾのまま。あれやこれやしているうちに、なぜか話は三谷幸喜の作品群にシフトします。はたしてJUNOの話に戻ってこれるのか?!
このエピソードを聴く

関連書籍

併せてどうぞ!

「女子高生ちえの社長日記シリーズ」甲斐荘正晃
「投資ミサイル」竹内謙礼

タナカでも楽しく読めたビジネス書です。どちらも物語の体裁をとっていて、「The Goal」のようにケーススタディができますが、企業や投資について、一歩引いた目線でとらえる特殊な設定が妙に分かりやすいのです。とはいえ「もしドラ」ほど抽象的ではなく、今の社会人生活に近い内容なのがありがたい。入門用としておすすめです。

関連書籍

併せてどうぞ!

「セックスのあと男の子の汗はハチミツのにおいがする」
「Girl’s 寓話」

@tokokick さんが言及されていた「草子のこと」という短編がどちらにも収録されています。

関連書籍

併せてどうぞ!

「星守る犬」村上たかし(漫画)/瀧本智行(映画)
すみません数時間前に映画みたばっかなんですが、それでも取り上げたのはこの映画が「犬を飼う」の逆だったからです。つまり、犬が人を看取るというものだったんですね。
死後半年たった身元不明男性の白骨死体、そして死後約一ヶ月の犬の死体が、北海道のとある原野で発見されたところから物語は始まります。社会風刺、と、一言でかたづけられない重く苦しい(切ないどころではない)内容でしたが、世の中はこんなにもままならず、それでも美しい絆が残されていることを、名俳優、名舞台、そして名犬(!)が優しく伝えてくれる作品でした。他の「動物ー子供」のお涙頂戴ものとは違います。漫画も読んでみようと思います。

2012.3.20 サラリーマンとエゴイズム ~「自己愛とエゴイズム」の感想から~

ナリタによる紹介回から一週間・・・タナカは感動していた!かつてこれほどまでに、自分めがけて語りかけてくる新書があっただろうか、いや、ない!と、必要以上に興奮しているタナカ。悲哀や傲慢、自己嫌悪に陥っているサラリーマンが、良く生きたい、と、凹みながらも前向きになれる力をもらえる本です。いやあ、すごかった。ナリタくんありがとう、次も楽しみにしています。

関連書籍

併せてどうぞ!

「奇面館の殺人」綾辻行人
タナカの心の声が聞こえたかのように、謎解きのワクワクを楽しませてくれるシリーズ最新作がやってきました!!著者の遊び心とミステリの情熱がふんだんに盛り込まれた、文字通りトリッキィな一冊に仕上がっています。タナカはこれでご飯三杯いけます。至福の時間でした。

関連書籍

併せてどうぞ!

「月館の殺人(上・下)」 綾辻行人・佐々木倫子
鉄道界の重鎮である祖父から特別急行「幻夜」に招かれた女子高生の空海(そらみ)、そして”テツ=鉄道オタク”たち。テツたちの異常な鉄道偏愛ぶりに辟易する空海だったが、そんな中”テツキラー”と呼ばれる連続殺人鬼による犠牲者が出てしまい・・・。綾辻氏の繊細かつ大胆なストーリーと、佐々木氏の人間味あふれる描写力を、あます所なく盛り込んだ夢の共作。殺人事件をものともしないテツたちの熱意にも注目(?)です。

2011.12.20 差別化の効能 ~「ナポレオン狂」の感想から~

関連書籍

併せてどうぞ!

「恐怖コレクション」阿刀田高
本書は恐怖についてのエッセイであると同時に、古今東西の傑作恐怖小説を知ることができる優れたブックレビューでもあります。怖いモノ好きな人にはもちろん、苦手な人がこれを読めば、駄作を看破し不必要に怖がらなくなる”審美眼”が得られるんじゃないかと思います。その上で怖い作品に出会えたとしたら、それはむしろ幸運と言えるでしょう。

関連書籍

併せてどうぞ!

「別人『群ようこ』のできるまで」群ようこ
ひとりのOLが作家・エッセイストになるまでの、アクロバティックな時期を綴った自伝的エッセイ。悶々とする会社生活から、超零細書評誌「本の雑誌」の黎明期を支え、ついに「群ようこ」と名乗るまでの日々を、美化しない本音でビシバシ書いているのが爽快です。椎名誠率いるあやしいおじさん達を女性視点で見られる珍しい本でもあります。

「トイレット」荻上直子
”ばーちゃん”は日本人。英語も通じないし、表情も読めない。それでも家族なんだ―。トロントを舞台にした、国や言葉を超えた家族のあたたかさを感じさせてくれる、いつまでも大切にしたい作品。引きこもりピアニスト、ロボットオタク、エアギター少女の三兄妹と”ばーちゃん”が囲む食卓は、家庭というもののひとつの理想像である気がします。タイトルの由来と、切なくもおかしいラストも大好きです。