2016.5.10 6周年突入記念!幸せになる勇気スペシャル

GW明けはホンタナアニバーサリーでスタート!今年の題材はアドラー心理学解説本の続編「幸せになる勇気」。前作「嫌われる勇気」をオススメしてくれたザキさんこと篠崎さんをゲストにお迎えし、仕事、家族、学問、そして個人に向けられたアドラーの教えについて語り合います。そのテーマとなるのが”愛”…そう、愛なのです。男鼎談で議論される”愛”の形とは一体どのようなものなのか?アラサー最外圏の今だからこそ言いたいことが出まくりの回、お楽しみください!

3:20〜  ゲスト登場
14:13〜 「幸せになる勇気」の紹介
43:14〜 「褒めるな叱るな」は現実的か?
1:25:35〜「課題の分離」は言い訳なのか?
このエピソードを聴く

2013.10.15 譬え話の弊害 〜「メノン」の感想から〜

ナリタによる紹介回から約半年、ようやく感想を用意してきたタナカ。同じくプラトン著の「国家」の挫折を経て、苦手とする論理的な展開をなんとかわかりやすくしたいと思ったタナカはある秘策を用意したのだが…。フリートークを含め、複雑な物事をわかりやすくする”譬える”ことのリスクを身をもって体験することになりました。かつてない展開に戸惑いながらも巻き込まれるナリタの運命やいかに!

18:29〜 メール紹介コーナー
26:16〜 感想回
このエピソードを聴く

2013.6.4 101回目のプロポーザル 〜プラトン「国家」のイデア論をもとに〜

2週にわたってお送りしてきたマイルストーンスペシャル、ブランドニュースペシャルの興奮冷めやらぬ第101回の放送です。今回は今までホンタナで議論されてきた様々なトピック(言語、哲学、人間、科学、省略と強調、道徳、正義、自己愛、恋、旅、歌、オシャレ、などなど…)に関するひとつのナリタ的収束点のお話をさせていただきたいと思います。不勉強は重々承知ながらも、プラトンのイデア論を参照しつつ、人間として生きることのあり方について思うところを語ってみます。

27:50〜 新コーナー「タイトリング!!」
50:50〜 作品紹介
このエピソードを聴く

2013.4.23 見てるだけで心地良い作品 〜「インデペンデンス・デイ」の感想から〜

何度も見返すことによって特に新しい発見も無くなり、それでも面白くて見返してしまう。タナカにおけるインデペンデンス・デイやバック・トゥ・ザ・フューチャー、ナリタにおける王様のレストランなど、人によってはまる”ツボ”はどのように決定されるのか。育ってきた環境が違うから説、イデアの想起説など、理由も分からず好きになってしまうことについて語り合ってみました。

エピソードを聴く
12:15〜 古典コテン 「メノン」プラトン
43:55〜 感想回 インデペンデンス・デイ