2013.8.27 淋しき山岳小説 〜「てっぺんで月を見る」の感想から〜

ナリタが一言で「淋しい」と表現した本作。山岳小説全般に流れる、えもいわれる淋しさを特に本作で強く感じる理由についてナリタの持論が繰り広げられます。どちらかというとナリタよりは山に登るほうのタナカは、実体験をもとにその淋しさの理由に迫ります。山についての話はやっぱり「なぜ山に登るのか」という問いから避けられないのか?!

10:53〜 メール紹介コーナー
20:28〜 感想回
このエピソードを聴く